大阪で約1300社の顧問先様と40年以上歩んできた会計事務所です。50名以上のスタッフが「速攻解決力」と「絶対的提案力」で顧問先様をサポートします。

知っ得税金ミニ知識

税について、知っていると得するミニ知識をご紹介します。日々の生活にお役立てください。

知っ得税金ミニ知識

確定申告書の本人確認

概要

確定申告書は一年間の収入や支払う税金の額が記載されていてとても大事な書類です。また、平成28年分からはマイナンバーの記載も必要になり、さらに取り扱いに注意が必要な書類になりました。 確定申告書を提出する際には、ご本人が提出される場合と顧問の税理士が提出する場合がありますが、それぞれどのような本人確認がなされるのでしょうか。

ご本人が確定申告書を提出される場合

確定申告書を申告者ご本人が提出される場合、申請をする方の本人確認書類の提示又は写しの添付が必要です。書類はマイナンバーの確認用のものと、本人の身元確認用のものの2種類で、具体的には以下のような書類の準備が必要です。

マイナンバー確認書類
・マイナンバー通知カード
・住民票の写し又は住民票記載事項証明書(マイナンバーの記載があるもの)
身元確認書類
・運転免許証
・パスポート
・公的医療保険の被保険者証
・その他記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類
※マイナンバー確認書類、身元確認書類がそれぞれいずれか1つ必要です。

※電子申告の場合は上記の書類は不要で、電子証明書等で本人確認がなされます。

税理士が確定申告書を提出する場合

税理士等の代理人が顧客のマイナンバーが記載された申告書等を提出する際には、①代理権の確認、②代理人の身元確認、③申告者本人の番号確認の確認がなされます。

書面提出かe-Taxでの代理送信かにより、具体的には以下の書類が必要になります。
区分 本人確認方法等
書面提出 e-Tax代理送信
代理権確認 税務代理権限証書により確認

・税務代理権限証書データにより確認

・納税者本人の利用者識別番号の
入力により確認
代理人の身元確認 税理士証票の提示又は写しの添付を
受けることにより確認
税理士の電子証明書により確認
本人の番号確認 本人の番号確認書類の写し等により確認 (税務署において)システムにより確認

まとめ

所得税の確定申告書の提出する際、なりすましや取り違えがあってはいけませんので、上記のような書類が必要になります。
申告内容に必要な添付書類は十分確認されることと思いますが、いざ提出する際に本人確認書類が不足して提出できないといったトラブルにならないよう、本人確認書類も事前にチェックしましょう。


文責・西原健二
監修・松岡敏行

PAGE TOP

税理士法人松岡会計事務所