税理士法人 松岡会計事務所

税理士試験受験生の奮闘記

令和2年度(第70回)税理士試験消費税法の出題予想(簡易課税を中心に)

こんにちは。松岡会計事務所のOです。

前回に引き続き、消費税法の出題予想をしたいと思います。
今年の計算問題、簡易課税は必ず出題される様な気配がするので簡易課税について書いていきます。

 

①コンビニでの資産の譲渡は消費者への販売 → 第二種

ややこしいのがイートインスペースでの食事や税率はどうなるのか
→ イートインスペースは外食のように飲食設備があるため、第四種かと思われますがレジにおける精算段階では消費者に対する販売として第二種となります。
また税率はイートインスペースで食事する場合は10%です。

ちなみにコンビニ等で購入する新聞は定期購読契約をしていないため10%です。
なお、電子新聞は契約しているから8%と思いきや、電気通信利用役務の提供に該当するため10%です。

 

②飲食店の売上に関しては提供する商品によって区分が異なります。

【飲食設備あり】
・店での飲食…第四種(10%)
・製造してものを持帰り…第三種(8%)
・仕入れたものを持帰り…第二種(8%)
・出前…第四種(8%)

【飲食設備なし】
・ピザ屋さん等の飲食設備のない店が行う配達、持帰り…第三種(8%)

 

上記のような論点は、本試験ではいろんなパターンの出題が考えられるのでどんな問題がでてきても確実に対応できるようにしておきたいと思います。
本試験までのあと40日間ほど、しっかり頑張っていきましょう。

Contact Us

是非、一度当事務所までご連絡下さい。

無料面談実施中!

松岡会計事務所は大阪府内に
拠点ございます

実際の担当エリア

大阪市全域(中央区・北区・西区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西成区・西淀川区・平野区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)
大阪府全域(堺市・八尾市・東大阪市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市など)
兵庫県(神戸市・西宮市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市など)
その他の地域(東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・愛知県・京都府・和歌山県・奈良県・岡山県など)

※上記以外の地域の方も是非お気軽にご相談下さいませ。また、オンライン税理士サービスであれば全国対応が可能です!

オンライン税理士の詳細