税理士法人 松岡会計事務所

松岡会計事務所のたまご

消費税の経理について

こんにちは、新人のFです。

 

今日は消費税の税抜経理についてお話します。

 

まず、会社の会計には消費税を分けずに計算する税込経理方式と、

 

消費税を取引ごとに分けて計算する税抜経理方式があります。

 

 

 

特にどっちの方が優れているということはなく、その会社の規模や

 

取引内容等でその時々に合った方式を採用します。

 

 

 

ただし、中小企業に多く見られるのは税込経理かと思われます。

 

なお、免税事業者(年間の課税売上高が1,000万円以下の会社)は、消費税の納税義務はないため税込経理方式を採用することとなります。

 

税込経理方式のメリットは、取引ごとに消費税の計算する必要がないという点があり、帳簿の作成などが非常に楽になります。

 

 

 

一方、税抜経理方式とは、消費税額と地方消費税額を売上高や仕入高等に含めないで区分する経理方法です。

 

メリットは、いくつかあり、例えば期中でも正確な損益の把握ができることや、

 

減価償却費を計上する際に、少額減価償却資産や一括償却資産の判定が有利になること、

 

中小企業の損金経理できる交際費の枠800万円が税抜で計算できることなどがあります。

 

ただし、会計ソフトなしで税抜の会計を管理しようとすると非常に骨が折れます。

 

メリットは多いですが、その分見えない部分で大きなデメリットがあると言えるでしょう。

 

 

自分の会社のスタイルに合った経理方式を取ることが一番大切なことだと思います。

 

以上、新人のFでした。

Contact Us

是非、一度当事務所までご連絡下さい。

無料面談実施中!

松岡会計事務所は大阪府内に
拠点ございます

実際の担当エリア

大阪市全域(中央区・北区・西区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西成区・西淀川区・平野区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)
大阪府全域(堺市・八尾市・東大阪市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市など)
兵庫県(神戸市・西宮市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市など)
その他の地域(東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・愛知県・京都府・和歌山県・奈良県・岡山県など)

※上記以外の地域の方も是非お気軽にご相談下さいませ。また、オンライン税理士サービスであれば全国対応が可能です!

オンライン税理士の詳細
072-994-7605★無料面談実施中!
受付時間
9:00~18:00
(土日祝除く)
メールで
お問い合わせ