相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 交通事故の損害賠償金に相続税はかかるのか

2021.07.12

交通事故の損害賠償金に相続税はかかるのか

警察庁の統計資料によると、平成29年の車の人身事故発生件数は約47万2千件で

そのうち事故による死者数は約3千7百人となっています。

統計開始後死者数は過去最小となったみたいですが、

それでも年間約3千7百人もの人が亡くなられています。

 

さて、交通事故により死亡した場合には遺族に加害者から

損害賠償金が支払われることになります。

 

結論から申し上げますと、この損害賠償金は相続税の対象にはなりません。

また、この損害賠償金は遺族の所得税の対象とはなりますが、

所得税法上非課税となりますので原則として税金がかかることはありません。

 

ただし、被相続人が生前中に損害賠償金を受け取ることが確定しており、

実際に受け取ることなく死亡した場合には、

損害賠償金を受け取る権利が相続税の課税対象となります。

 

 

飲酒運転は絶対にやめましょう。

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る