相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 電子マネーに相続税はかかるのか

2021.07.05

電子マネーに相続税はかかるのか

2021年1月15日にPayPayの利用規約が改定され、

利用者に相続が発生した場合には残高が相続できることが明文されました。

 

電子マネーでの決済もかなり普及し、電子マネーに残高を残したまま亡くなるケースも珍しくはなくなってきましたが、

このような電子マネーの残高は相続税の課税対象になるでしょうか。

 

結論からいえば電子マネーも現金と同様に相続税の課税対象となります。

ただ、電子マネーの種類によっては被相続人の死亡と共に失効し、残高がゼロとなり相続することができないものもあります。

このように相続できないものについては、もちろん相続税の課税対象にはなりません。

 

とはいえ何万円もあった残高が消失してしまうのはもったいないので、

自分の利用している電子マネーの利用規約は今一度確認しておくのが良いかもしれません。

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る