相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 【財産評価】ビットコインは相続できるか?相続税はかかるのか?

【財産評価】ビットコインは相続できるか?相続税はかかるのか?

2022.07.25

ビットコインなどの暗号資産(仮装通貨)が普及してからずいぶん経ちますが、もしビットコインを持ったまま亡くなった場合、相続人は相続できるのでしょうか。また相続税はかかるのでしょうか。

 

まず、ビットコインの相続は可能です。

被相続人が利用していたビットコインの取引所に連絡すれば手続き方法や必要書類などの案内をしてもらえます。

 

そしてビットコインを相続した場合の相続税についてですが、結論としてはビットコインにも相続税はかかります。

相続税法では、「個人が金銭に見積もることができる経済的価値のある財産」は課税対象となることとされています。

ビットコインなどの暗号資産については、決済法上、「代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができる財産的価値」と規定されていることから、被相続人から暗号資産を相続した場合には、相続税が課税されることになります。

 

なお相続税評価額については、暗号資産は評価方法の定めがないことから、類似する資産の評価方法に準じた方法で評価することとなります。

活発な市場が存在する場合には、外国通貨に準じて、相続開始時点における業者が公表する取引価格で評価します。(ビットコインは市場が存在するので取引価格での評価となります)

活発な市場が存在しない場合には、客観的な交換価値を示す一定の相場が成立していないため、その暗号資産の内容や性質、取引実態等を勘案し個別に評価します。

例えば、売買実例価額(類似する売買実例に基づく価額)、精通者意見価格(専門家による鑑定価格)等を参酌して評価する方法などが考えられます。

 

もし暗号資産の存在に遺族が気付かない場合、いきなり相続税の納税を求められることも考えられます。

暗号資産をお持ちの場合は遺族の方が困惑しないよう、エンディングノートなどを利用して取引所や暗号資産の種類等の情報が後から分かるようにしておくことをおすすめします。

 

 

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る