相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 【相続税申告】配偶者が相続した財産は1億6千万円まで無税に!~配偶者の税額の軽減~

【相続税申告】配偶者が相続した財産は1億6千万円まで無税に!~配偶者の税額の軽減~

2022.05.02

配偶者の税額の軽減とは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により取得した遺産について、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税がかからないという制度です。

(1) 1億6千万円

(2) 配偶者の法定相続分相当額

 

結果として配偶者が取得した遺産は最低でも1億6千万円までは相続税がかからないこととなります。

よく【配偶者は1億6千万円まで相続税がかからない】という記事等を見かけますが、

配偶者の法定相続分がそれより多い場合には、それ以上の遺産に相続税がかからなくなることもあります。

(例)

遺産10億円、配偶者の法定相続分1/2の場合

⇒配偶者が取得した遺産は5億円まで相続税がかからない

 

なお相続人が配偶者一人の場合には法定相続分が100%になるため、遺産の全額に相続税がかからないこととなります。

 

このように大きな相続税の軽減効果のある【配偶者の税額の軽減】ですが、二次相続(遺産を相続した配偶者が亡くなること)の際の相続税には注意が必要です。

 

相続税は累進課税であり相続財産の金額が多ければ多いほど高い税率で課税が行われることになります。

そのため配偶者に遺産を集中すると二次相続の際の相続税率が高くなり、

結果として最初の相続(一次相続)で配偶者の税額軽減を使わずに子が遺産を取得しておいた方が相続税が少なかった、というケースも十分に起こります。

 

相続人に配偶者がいる際には、二次相続のことまで考えた相続税のシミュレーションを行

うようにしましょう。

 

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る