相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 【相続税申告】税務調査になるかも?葬式費用を引き出した場合の現金の取り扱いについて

【相続税申告】税務調査になるかも?葬式費用を引き出した場合の現金の取り扱いについて

2022.08.29

相続税の税務調査で直前に引き出した現金については、特に指摘されやすい項目の一つです。

 

被相続人が亡くなられたら預金口座が凍結してしまうため、葬式費用や死亡後の支払のために事前に引き出しておこうと考えるのはよくある話です。

亡くなられる直前に預金口座から現金を引き出す行為自体は税務上は特に問題はありません。

 

相続税の計算は、あくまで死亡した時点で亡くなられた人が所有している遺産に対して課税されます。

預貯金については亡くなった日の時点の残高証明書や通帳等の残高等で評価することになりますが、

直前に引き出した現金については残高証明書等に反映されないため、悪意が無く相続財産から漏れてしまうこともあります。

 

例えば1,000万円の預金口座から、亡くなられる直前に葬式費用の準備金として100万円を引き出した場合、残高証明書の金額は900万円になります。

その直前に引き出した現金は亡くなった瞬間には現金として残っていたことになります。

相続税申告書には、直前引出の現金100万円は手許現金として相続財産に計上することとなります。

 

亡くなる直前に引き出した現金については、手許現金として相続財産に計上しその上で葬式費用を控除すれば税務上は問題はありません。

被相続人の口座から亡くなる直前に現金を引き出した場合には、必ず手許現金として相続財産に計上しましょう。

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る