相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 生命保険金に相続税がかかるのはどんな場合か?

生命保険金に相続税がかかるのはどんな場合か?

2021.10.18

被相続人の死亡によって支払われる生命保険金で、

保険料を被相続人が負担していたものについては相続税の課税対象となります。

ただし、相続人が受け取った保険金については以下の金額(非課税限度額)までは相続税が課税されません。

 

【500万円 × 法定相続人の数(※) = 非課税限度額】

 

(※)

1 法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、

その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。

2 法定相続人の中に被相続人の養子がいる場合、法定相続人の数に含める養子の数は、実子がいるときは1人、実子がいないときは2人までとなります。

 

なお全ての相続人が受け取った保険金の合計額が非課税限度額を超える場合には、

以下の算式により保険金の一部に相続税が課税されることとなります。

 

 

 

その他、以下のようなケースでは全額が課税対象となりますので、ご注意ください。

 

・相続放棄した人が保険金の受取人となる場合

保険金が非課税となるのは相続人が受取人の場合であり、

相続人以外が受取人となる保険金は非課税にはなりません。

相続人が相続放棄した場合は法律上相続人ではなくなってしまうため、

相続放棄した人が受け取った保険金には相続税がかかります。

 

・相続人が受け取った保険金を遺産分割した場合(贈与税がかかるケース)

相続人間における相続財産の不公平を解消するために、

特定の相続人が受け取った生命保険金を遺産分割で他の相続人に渡す場合があります。

しかし保険金は契約により受取人が決まっていること等から、

遺産分割の対象とはなりません。

そのため保険金を遺産分割すると相続人間で贈与があったこととなり、

保険金を遺産分割により受け取った相続人には贈与税が課されることとなります。

 

 

 

 

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る