相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 【天皇家の税金】眞子さまへの一時金に贈与税はかかるのか?

【天皇家の税金】眞子さまへの一時金に贈与税はかかるのか?

2021.11.08

先日、秋篠宮家の眞子さまが、小室圭さんとの結婚に伴い皇室を離脱することとなりました。

皇族が皇室を離れるときには、品位を保つことを目的に「一時金」が支給されることが皇室経済法で定められています。

女性皇族が結婚により皇室を離れる場合、「内親王」が1億5250万円、「女王」が1億675万円を上限に一時金が支払われます。

眞子さまは一時金を辞退しましたが、一時金を受け取った場合に贈与税がかかるのか解説します。

 

結論から言いますと、贈与税はかかりません。

そもそも贈与税とは「個人」から「個人」へ、財産の移転があった場合に課される税金です。

国から贈与を受けた財産については贈与税は課税されません。

 

国や法人など個人以外の者から財産を贈与された場合には、基本的には所得税の対象となります。

 

では、所得税が課税されるのかというと、所得税も課税されません。

所得税法において、皇室経済法の規定により給付されるお金については非課税と定められているからです。

 

ちなみに皇族の方々であっても、皇室経済法で定められた国から受ける給付以外は、基本的に一般の国民と同様に税金の納税義務はあります。

家族からの贈与税や相続税についても一般の国民と同様に課税されることになります。

 

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る