相続ブログ

ホーム > 相続ブログ > 【雑誌連載】不動産を子どもに贈与する際の注意点とは?

【雑誌連載】不動産を子どもに贈与する際の注意点とは?

2022.02.03

不動産を子どもに贈与する際の注意点はありますか?

ケースバイケースで「節税」になることも「増税」になることも…

「不動産を子どもに贈与しようか迷っている」という相談を受けることがあります。
自宅は相続の際に大きな優遇措置がありますので、生前に次世代へ移転したほうが有利なケースはほとんど考えられませんが、それ以外の不動産については「ケースバイケース」です。

 

  • まず、その不動産を贈与することで相続対策をロスし、相続税が増税にならないか確認する必要があります。
  • 次に、不動産の贈与は贈与税が高額となることが多いため、贈与税率と相続税率のバランスを検証しましょう。
  • 最後に、登記に際し、司法書士の手数料や登録免許税等の税金が固定資産税評価額の5%前後発生します。

 

これらの注意点やデメリットを上回るメリットがあり、不動産を次世代に贈与したほうが有利なケースとして、実際に以下のようなケースがありました。

古くて収益力のある物件を贈与

収益物件を複数有している方が、古くて収益力の高い物件を次世代に贈与することにより、毎年の所得税を節税し、財産の蓄積を防止することで将来の相続税を抑制したケース

将来値上がりすることが確実な不動産を贈与

調整区域の農地が宅地転用可能となり、大規模ショッピングモールの誘致が確実なことを予見して、農地のまま子どもに贈与し、将来の所得税と相続税を節税したケース。

 

不動産の生前贈与は将来の相続税・贈与税・所得税・登記免許税などさまざまな税金が関わっているため、事前に専門家に相談し、慎重に行う必要があるでしょう。
場合によっては大きな節税効果を享受できる可能性があります。

記事一覧に戻る

NEW BLOG

松岡会計は大阪に3拠点お気軽にご相談ください

           税理士法人松岡会計事務所 八尾本店

八尾本店

〒581-0018
大阪府八尾市青山町2丁目4番18号

近鉄「八尾駅」より徒歩15分

TEL:072-994-7605
FAX:072-994-2145

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 難波支店

難波支店

〒556-0016
大阪市浪速区元町2‐9‐1‐401

各線「なんば駅」より徒歩7分
大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」より徒歩10分

TEL:06-6647-6834
FAX:06-6647-6296

Google Mapで見る
           税理士法人松岡会計事務所 梅田支店

梅田支店

〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

京阪中之島線「大江橋駅」より徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩6分

TEL:06-4397-4891
FAX:06-4397-4892

Google Mapで見る