税理士法人 松岡会計事務所

税理士試験受験生の奮闘記

30年後(2050年11月11日)

こんにちは。松岡会計事務所のFです。

以下
・F→私
・f→30年後に入社してきた新人の後輩

という設定です。

 


 

F「そういえば、もうすぐ税理士試験の合格発表だね。」

f「そうなんです。8月に受験して来週には発表されます。合格発表まで3ヶ月も掛かる試験ってなかなかないですよね〜」

F「いやあ、それでも発表の日は早くなったんだよ。僕が受験してた頃は8月の上旬に受験をして、12月の中旬に合格発表だったんだからね。」

f「え〜そんな時代があったんですね。」

F「もう30年も前の時代の話だからね。しかも科目合格者に関しては郵送での結果通知だったんだよ。5科目合格を果たした人はインターネットの官報や国税庁のホームページに公開されてはいたけど。」

f「2020年ってオリンピックが東京で行われる年でしたよね。たしかiPhone 12くらいが発売された年でもあったかな。そんなときに郵送で合格発表って・・・、かなりの時代錯誤ですね(笑)」

F「今では考えられないことだよね。合格発表はウェブでの発表が当たり前になったし。そういえば、受験科目も昔と変わったなあ。」

f「昔は、国税通則法って必須科目じゃなかったんですね。いまじゃ実務やるにしてもかなり大事な税法かと思いますが。」

F「そうだね。納税義務の成立や、税額の確定、納税の方式なんかは税務全般に関わってくることだしね。そういえば、民法や会社法も選択科目として選べるようになってるんだね。」

f「はい、あと住民税や事業税・固定資産税は地方税法として一科目に集約されてます。」

F「消費税法に関しては少しはシンプルになった印象かな。インボイス導入によって免税事業者は実質廃止されて、それから数年後には簡易課税制度も廃止されたしね。」

f「税率も3%や5%、8%、10%や軽減税率とかすごい複数税率だったんですね。今じゃ20%の単一税率ですし。」

F「申告書もものすごく見辛かったよ。税率の内訳ごとに付表なんかがついててね(笑)」

f「考えただけでも頭が混乱しそうです(笑)」

F「それに国税庁から模範解答も公開されるようになったから採点もしやすいよね。」

f「え、模範解答がない時代があったんですか?どうやって採点してたんですか?」

F「そうだな、20年くらい前から公開されるようになったのかな。僕が受験してた頃は、大手の専門学校が解答速報や予想配点を発表してたけど、それが正解だという確証はなかった。そもそも、出題者側の問題が破綻してるようなものもあったし。」

f「へえーそう考えると僕らは恵まれてるのかなあ。」

F「そうかも知れないね。ただ、税務に正解はない、という意味では、悪くない試験制度だったかも知れないなー。」

Contact Us

是非、一度当事務所までご連絡下さい。

無料面談実施中!

松岡会計事務所は大阪府内に
拠点ございます

実際の担当エリア

大阪市全域(中央区・北区・西区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西成区・西淀川区・平野区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)
大阪府全域(堺市・八尾市・東大阪市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市など)
兵庫県(神戸市・西宮市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市など)
その他の地域(東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・愛知県・京都府・和歌山県・奈良県・岡山県など)

※上記以外の地域の方も是非お気軽にご相談下さいませ。また、オンライン税理士サービスであれば全国対応が可能です!

オンライン税理士の詳細
072-994-7605★無料面談実施中!
受付時間
9:00~18:00
(土日祝除く)
メールで
お問い合わせ