税理士法人 松岡会計事務所

税理士試験受験生の奮闘記

簿記論に合格するには...

こんにちは! 松岡会計のOです。

 

最近はいっきに気温が下がって涼しくなりましたが、体調はいかがでしょうか。

2021年の税理士試験から早くも2ヶ月が経ち、来年に向けて勉強を再開されている方も多いのではないかと思います。enlightened

 

今回は、私が簿記論を勉強していた時の取り組みについて、少しご紹介したいと思います!

 

まず、簿記論は例年、以下のような問題構成で出題されることが多いです。

  • 第1問 個別問題(25点)
  • 第2問 個別問題(25点)
  • 第3問 総合問題(50点)

私は、第3問の総合問題の勉強を重視していました!smiley

理由は、第3問が一番安定して得点しやすいと考えていたからです。

 

個別問題は、その名の通り個別論点が問われるので、傾向はあるとしても問題用紙を開いてみないことには、何が出題されるか分かりません。crying

難しい問題や簡単な問題、また得意な分野や苦手な分野・・・など様々です。

なので、得点が伸ばせる可能性がある一方、大きく失点してしまう可能性もあるという事です。

 

一方で総合問題は、もちろん年によって出題内容や難易度に差はありますが、試算表を作成する問題が多く、比較的にそのバラつきが少ないように思います。

税理士試験は相対評価で合否が出ますが、難易度が高い時や低い時、いずれにしても総合問題で安定して得点できる方は有利なのではないでしょうか。smiley

 

なので、私が簿記論を勉強していた頃は、総合問題は特別に高得点でなくてもいいので、安定して70%くらいは取れることを目標に勉強していました。

中でも、ほぼ毎回出題される論点は、確実にできるようにしておいた方が良いですね。smiley

例えば、『有価証券』に関する問題はよく出てきますが、一個ミスすると、いろんなところに影響してしまい、結果大きく失点することになってしまう論点などは、要注意ですね。

このようなところを確実に正解すれば、ある程度安定した点数が確保できるのではないかと思います。enlightened

 

これから簿記論を勉強される方は、何か参考になることがあれば嬉しいです!

Contact Us

是非、一度当事務所までご連絡下さい。

無料面談実施中!

松岡会計事務所は大阪府内に
拠点ございます

実際の担当エリア

大阪市全域(中央区・北区・西区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西成区・西淀川区・平野区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)
大阪府全域(堺市・八尾市・東大阪市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市など)
兵庫県(神戸市・西宮市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市など)
その他の地域(東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・愛知県・京都府・和歌山県・奈良県・岡山県など)

※上記以外の地域の方も是非お気軽にご相談下さいませ。また、オンライン税理士サービスであれば全国対応が可能です!

オンライン税理士の詳細
072-994-7605★無料面談実施中!
受付時間
9:00~18:00
(土日祝除く)
メールで
お問い合わせ