税理士法人 松岡会計事務所

税理士試験受験生の奮闘記

第73回税理士試験が終わりました!

こんにちは! 松岡会計のOです。

 

かなり久しぶりの投稿になりますが、よろしくお願い致します。

 

今年も税理士試験が終わりましたが、ついこの前に昨年の試験が終わったばかりという感覚だったので、1年はあっという間ですね。

 

私は、今年は『国税徴収法』を受験しました。

受験科目の中ではたぶん、最も馴染みがなく、イメージの湧かない科目だと思います。

国税徴収法(一部、国税通則法を含む)では、『国税徴収のための手続き、納税者の権利保護、第三者(私債権者)の権利保護』などについて学習します。

 

国税全般に通ずる事項について学ぶことができ、学習していると個人的には結構面白かったので、科目選択で迷っている方は選択肢に入れてもいいかもしれません。

 

インターネットから『税大講本』という、税務署に勤務される研修生の方が学習のために使用されている教材ですが、無料でダウンロードできます。

私も使用させていただきましたが、少し噛み砕いた表現で説明されているため、イメージを掴むには良かったので、一読されてもいいかもしれませんね。

 

 

さて、今年の試験についてですが、昨年までと大きく変わった事項がありました。

それは試験問題に、各設問の配点が明記されたことです。

 

国税徴収法では、通常、大問2問構成で出題されます。

昨年までは、大問ごとの配点(大問⓵ 50点、大問② 50点など)しか書いておらず、詳しい採点箇所や配点については、不明でした。

しかし今年の問題では、大問の中の各設問の配点まで明記されていました。

私は採点まではしていませんが、採点された方は得点の予想がしやすくなったのではないでしょうか。

 

従来は試験の採点、配点、得点調整の有無などが全く不明で、予想と実際の得点が乖離しているという受験生の方もいらっしゃるかと思います。

今後、試験に関する情報が、さらにクリアになっていくと良いですね!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

Contact Us

是非、一度当事務所までご連絡下さい。

無料面談実施中!

松岡会計事務所は大阪府内に
拠点ございます

実際の担当エリア

大阪市全域(中央区・北区・西区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西成区・西淀川区・平野区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)
大阪府全域(堺市・八尾市・東大阪市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市など)
兵庫県(神戸市・西宮市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市など)
その他の地域(東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・愛知県・京都府・和歌山県・奈良県・岡山県など)

※上記以外の地域の方も是非お気軽にご相談下さいませ。また、オンライン税理士サービスであれば全国対応が可能です!

オンライン税理士の詳細
072-994-7605★無料面談実施中!
受付時間
9:00~18:00
(土日祝除く)
メールで
お問い合わせ