税理士法人 松岡会計事務所

税理士試験受験生の奮闘記

第69回税理士試験(酒税法)

松岡会計事務所のKです。

先日、第69回税理士試験の酒税法を受験しました。

酒税法の受験生は少なくてご存じの方はほとんどいないと思いますので簡単に概要を。

酒税法の試験は、理論はだいたい2題ぐらいで配点は30点、計算は総合問題が1題で配点は70点です。時間配分は理論30-40分、計算は90-80分ぐらいでしょうか。

 

こんな酒税法の試験ですが、ほとんど満点をとらないと合格できないと言われています。

受験勉強としては他の科目よりもボリュームが少ない(予備校の講座も年明けからスタート!)ので楽ですが、特別難しい論点もないのでみんな差がつかないんですよね。

比較的簡単な年は、最終税額まで正解していないとアウトだという噂・・・。

勉強範囲であまり差がつかないので試験当日の運やケアレスミスの影響が大きくなります。

そのせいで他の税法科目は年数を重ねて努力するほど40%、60%、80%とだんだん合格確率があがっていくのに、酒税法は1年目も2年目以降もずっと60%の確率のまま、というイメージです。

運がよければすぐ受かるかもしれないけど悪ければずっと落ち続けるかも!?

でも去年は予備校の解答も割れた微妙な問題が出題されましたし、今年は計算のボリュームが多く難易度も高めだったため、実際にはみんながみんな全問正解するわけではない(はず)です。

そうするとやっぱり知識の定着と計算スピードが重要になってくるので地道な努力が一番ということでしょうね。

 

それと酒税法は受験者が少ないので合格人数は70名ぐらいです

他の科目よりもずいぶん少ないので、「10,000人のうちの1,000人になるより100人のうちの10人に入る方が難しそう」とよく言われます。

言われたらそんな気がしてきますが、私は「他の科目よりも本気で勉強している人が少ないから大丈夫」と考えるようにしています。

というのも試験の受験者は700名ぐらいなのに、予備校の公開模試の受験者は100名ぐらいなんです。

他の予備校の模試もありますが、少なく見積もっても半分ぐらいは公開模試も受けていないということになります。

実際試験当日も欠席者が多いし試験中2時間ずっと暇そうにしている人もちらほらいるので、本気で勉強している人の中での競争率は意外と低いんじゃないかと予想しています。

 

酒税法も科目としては有利不利がありますが、ボリュームが少ないのは間違いないです。仕事などで受験勉強の時間がとりにくい方は運試しに挑戦してみてはいかがでしょうか?

Contact Us

是非、一度当事務所までご連絡下さい。

無料面談実施中!

松岡会計事務所は大阪府内に
拠点ございます

実際の担当エリア

大阪市全域(中央区・北区・西区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西成区・西淀川区・平野区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)
大阪府全域(堺市・八尾市・東大阪市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市など)
兵庫県(神戸市・西宮市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市など)
その他の地域(東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・愛知県・京都府・和歌山県・奈良県・岡山県など)

※上記以外の地域の方も是非お気軽にご相談下さいませ。また、オンライン税理士サービスであれば全国対応が可能です!

オンライン税理士の詳細
072-994-7605★無料面談実施中!
受付時間
9:00~18:00
(土日祝除く)
メールで
お問い合わせ