税理士法人 松岡会計事務所

税理士試験受験生の奮闘記

国税徴収法って選択科目としてどうなの?

こんにちは!松岡会計事務所のFです。

この度、受験生ブログを立ち上げまして、税理士試験や会計事務所実務について、いろいろ書いていきます。

簡単に自己紹介をしますと、平成元年生まれの30歳、この業界は約6年になります。
税理士試験は大学3年生の頃から受験を始めて、もう〇〇回目・・・(笑)

なんとか受験を重ねて、いま現在で、
★簿記論
★財務諸表論
★消費税法
★所得税法
の科目に合格しています。
※受験を始めてから、相続税法や他の科目を受験したこともありますが途中で科目変更など紆余曲折あるのは、税理士試験受験生あるあるですよね↑↓→←

そして、今年の受験科目に関しては「国税徴収法」ねらい!
この国税徴収法もなんだかんだで4回目(記念受験も含みます)の受験。。。

国税徴収法を選んだキッカケっていうのは、ほかの受験生にもありがちかも知れませんが、やっぱり・・・・

「ボリューム少ないし、受かるんじゃね?」

という不純な動機(笑)

そして動機だけに、そんな安易な考えは過去数年に渡り裏切られました(笑)
他の科目もそうでしたが、やはり税理士試験の難易度は高い・・・
そんな国税徴収法ですが、ここ最近は受験者も増えてきて、所得税法の受験者数を抜きそうですね。

実務での関連度もいうと他の税法と比べると、確かに活かしにくい面は多いです。
ただ、まれに、お客様(会社)の従業員で過去に住民税の滞納があったりすると、役所から従業員が勤務している会社に財産の調査の書類が届くのを見る機会があります。

普通に会計事務所に勤務しているとあまり目にしませんが、書類中に「国税徴収法第141条に基づく・・・」なんて文言を見ると、「おお、理論マスター3-18の論点!」なんて感じてしまうことも(笑)

「まずは給与債権の差押え。そして給与支給方法を聞いているのは普通預金債権の差押え。年調の生命保険の控除の有無を聞いてるのは、解約返戻金の差押えか・・・。さらに家族構成を聞いているのは、差押禁止額の算定のためか・・・」なんて深読みをしてしまう(笑)

あと実務の関連性でいうと、納税の猶予とか換価の猶予といった手続き面の論点が活かせやすいですかね。
国徴の勉強をしていると、国税通則法も試験範囲なので税法の土台となっている国通法の背景を勉強できるのもベターかなと。

もし、「国税徴収法を選択科目に考えてるけど・・・実際どうなん?」
なんて考えている方がいれば、国税徴収法を選択科目に入れるというのもありかと思います。

そして、「さあ、本試験まで50日を切ったな・・・」という国徴の受験者のみなさん。

ともに頑張りましょう(^^)v

Contact Us

是非、一度当事務所までご連絡下さい。

無料面談実施中!

松岡会計事務所は大阪府内に
拠点ございます

実際の担当エリア

大阪市全域(中央区・北区・西区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西成区・西淀川区・平野区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)
大阪府全域(堺市・八尾市・東大阪市・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・大東市・東大阪市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市など)
兵庫県(神戸市・西宮市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市など)
その他の地域(東京都・神奈川県・埼玉県・栃木県・愛知県・京都府・和歌山県・奈良県・岡山県など)

※上記以外の地域の方も是非お気軽にご相談下さいませ。また、オンライン税理士サービスであれば全国対応が可能です!

オンライン税理士の詳細
072-994-7605★無料面談実施中!
受付時間
9:00~18:00
(土日祝除く)
メールで
お問い合わせ